福岡県 福岡市 婚約・婚姻・離婚・内縁・男女関係・セクハラ・痴漢・ペット事故・子供の事故・傷害事件等のトラブルを当事者間の自由な話し合いと譲り合いで解決・和解を目指す。福岡市の行政書士事務所
示談書・合意書作成支援室
 行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

 |トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |

示談書について

示談交渉の前にすべきこと

示談交渉のポイント

示談書作成のメリット

示談書を公正証書で作成

ケース別対応
 
男女関係

・不倫
・浮気
・別居
・内縁関係解消
・借金


セクハラ

子供の事故

ペット事故

傷害事件

モデル文例
 
別居


婚約破棄

内縁関係解消

認知

養育費


内容証明書について
 
内容証明郵便の活用
*当事務所のホームページ

公正証書について
 
公正証書の活用
*当事務所のホームページ

私文書の認証について
 
公証役場での私文書認証の活用

業務の流れ
   
作成の流れ


依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について

公証役場の手数料について


お問い合わせ・お申込み
 
お問い合わせ・お申し込み

事務所での面談相談

無料メール相談


事務所について
 
(示談書・合意書関連の当事務所ホームページ)

公正証書作成

離婚協議書作成


内容証明書作成

事務所案内

平塚事務所のサイトマップ

特定商取引法に基づく表示
 ・免責事項・プライバシー
<ケース別対応:男女関係>

●婚約相手から一方的に婚約破棄を通告された

婚約して、結納も済ませ、肉体関係もあり、結婚式場も決まっていた相手に突然、明確な具体的理由を示されずに婚約解消を申し入れられた場合、不当破棄として結納の返還・慰謝料の請求ができます。結納は、結婚を前提とした一種の贈与とみられていますので、結婚に至らなかったときは、受け取った側は不当利得として返還する義務があります。
この他、会場の解約手数料など、結婚を前提にしたために無駄になった支出も賠償請求の対象となります。


●夫の浮気が原因で離婚する

配偶者の一方の有責不法な行為(不貞や暴力など)によって、離婚に至った精神的苦痛を償うことを目的として支払われるのが離婚慰謝料です。浮気の場合は、夫に慰謝料の支払義務があります。
また、結婚生活の間に蓄積された財産を生産し分配することになります。原則として妻としてなすべき家事を果たしてきたのであれば、2分の1の分与を主張してかまいません。
離婚後の暮らしの維持を図るための財産分与も請求できます。

離婚を決意したら、まずは財産の把握をしてください。


●離婚原因となった夫の浮気相手から慰謝料を取りたい

一方が貞操義務に違反した場合、他方が離婚請求できる根拠(離婚原因)となりますし、貞操義務違反を理由に損害賠償(慰謝料)を請求できます。配偶者の不貞の相手となった第三者に対しても貞操請求権を侵害したこと(不法行為にあたります)を理由に損害賠償を請求できます。
明確な証拠が必要となります。

●内縁解消を夫より通告された

内縁関係も婚姻に準ずる関係と評価されて、いろいろな法律上の保護を受けています。
正当な理由なく不当に解消したものは、相手に慰謝料を払う義務がありますし、清算面、扶養面を含めた財産分与をしなければなりません。


●不倫でできた子の認知と養育費を請求したい

彼に妻子があることを知りながら、肉体交渉を持ったことは、妻に対する不法行為になり、訴えや請求があれば、妻に対し損害賠償(慰謝料)を支払う義務があります。
しかし、父に対して認知を求めることは、その子の権利であるから、生みの母が、その子の親権者として子を代理して、父に対し認知、養育費請求をすることができます。


●交際期間中に相手へ貸しているお金がある

交際期間中に相手に対して貸しているお金(事業資金・生活資金(家賃)・投資資金などの名目)があり、返してもらっていない。
ただし、交際期間中の食事や旅行などで分担した費用・相手へのプレゼントしたものに関しては交際終了後に返してもらうということはできないとお考えください

損害賠償・慰謝料などの請求を相手に対し行う場合は内容証明書作成が有効手段の一つです。

当事務所の内容証明書作成について➡ こちらから


【示談書の記載内容チェックサービス】  

お客様ご自身で作成された示談書・合意書・和解書の案を当事務所でチェックします。

・修正すべきこと
・変更した方が良い箇所
・追加した方が良い事項 

上記のようなアドバイスを行います。

(対象となる案件)
・男女トラブルの示談(不倫・婚約破棄・別居・内縁関係解消など)
・傷害事件の示談・合意

(料金について)
○料金 : 9千円

*ただし、標準的な示談書・合意書よりも書類の枚数(A4書類で3枚以上)が多い場合、取決条項がものすごく多い場合には、正式にご依頼いただく前に見積金額を提示させていただきます


示談書の記載内容チェックサービスについて➡ こちらから

無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。




当事務所運営サイト行政書士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○会社変更手続き ○電子定款作成 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○ビジネス契約書作成

【許認可】
○建設業許可 ○風俗営業許可 ○平面図作成 ○登記されていないことの証明書取得

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続 ○遺産分割協議書作成 ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○郵便貯金相続手続 ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成  ○金銭消費貸借契約書作成 

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成

 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved